スタジオじんき
緊急支援

コロナ禍を乗り越える力をスタジオじんきへ

スタジオじんき は、コロナ禍の影響により、かつてない経営危機に直面しています。このままでは2021年12月末にもスタジオを手放すことになります。この状況を乗り越えるために皆様方の力をお貸しください。何卒宜しくお願い致します。

目標金額
¥800,000

期間:2021年12月3日~1月31日

目標金額を達成しても期間内は受け付けており、事業継続への大きな追い風となります。今後、皆様へ還元するイベントや新商品販売などの事業資金として活用させていただきます。

経過報告とお願い(2022/1/5)

スタジオじんきにいつも応援ありがとうございます。

閉業危機を訴え、ご支援の呼びかけをして約一ヵ月が経ちました。おかげさまで136万円を超えるご支援をお寄せいただき、大変感謝しております。

元々、目標としていた80万円の根拠としてはスタジオ家賃約3ヶ月分、コロナ期に家賃を待っていただいていた分割金、トラックの車検費用などを計上したものでした。

しかしながら、いただいたご支援を数ヶ月の経費に充てるのみでただの引き延ばしになるだけでは真にスタジオじんきの閉業回避とはなりませんので、引き続き1月末までは事業を好展開させていくためにご支援募集を継続させていただきたいと思っています。

現在で+71%ですが、予定金額の余剰分を事業費として活用させていただきます。

・スタジオのレンタルルーム利用促進のための間仕切りカーテンなど、環境整備
・教室の再編成後の新規募集チラシのリニューアル、増刷
・昨年より販売を開始している新型万能和太鼓台【万-Yorozu-】(実用新案登録第3234350)の販促経費
※こちらの台は、みなさんがご存知のプロ奏者の方から紹介コードをもらっていただくと1割引になります

これらの計画を進めていきます。

また!今年は、スタジオ再生を最念頭に置きつつ、

👆 和太鼓コンテスト の開催
👆 教室発表会、合宿、昇格審査会 の再始動
👆 熊本被災地(人吉・球磨地区)の支援活動
🤝 つながりつながるプロジェクト の環境支援活動

などに取り組んでいきます!
その他、みなさんからのご要望もお待ちしております!
今後とも応援よろしくお願いします!

スタジオじんき代表 吉村 純一

スタジオじんき代表 吉村純一より

スタジオじんきは 2010年、小牧市に和文化の交流地としてオープンし、和太鼓教室や様々なイベントを開催してまいりました。

しかし、コロナ禍による教室の生徒数の減少、イベントが開催できない状況が続いております。様々な工夫をしてきましたが力及ばず、スタジオを維持する経費をまかなえなくなっており、このままでは2021年12月末をもってスタジオを手放すことになります。

スタジオを手放した後も事業は継続し、地域公民館での稽古活動から再スタートすることになりますが、やはり事業の拠点としてのスタジオを何とか残したく、スタジオじんきを応援してくださるみなさまの力をお貸しいただきたく、ぎりぎりの時期になりましたが緊急支援プロジェクトを立ち上げました。

何卒お力添えをいただきたくお願い申し上げます。

スタジオじんき代表 吉村 純一

スタジオじんきについて

スタジオじんきは、ただ太鼓の教室だけを行っているものではありません。

代表自ら、作曲、振付、演出、企画、主催を行っており、代表のプロ活動は27年目。演奏歴は700ステージ以上、指導歴はのべ6,000人以上。

教育現場にも尽力しており、部活動指導や授業を行う。(名古屋市立山田中学校和太鼓部外部顧問、北名古屋市立五条小学校六年生授業、名古屋学院大学姉妹提携校米国留学生指導、小牧市立陶小学校和太鼓部衣装販売など)

舞台経験を持つ空撮パイロットとしてJDAドローン操縦士2級を取得。

災害ボランティア団体TSUNAGARI愛知支部長としてスタジオじんきを拠点として運用。

通信事業として格安SIM代理店として活動。

支援の方法

  1. 寄付

金融機関から振込、現金書留、等

  1. 和太鼓機材のオーナーになる

本欅長胴 一尺五寸 30万円
難あり大太鼓 2.5尺 10万円
※一例です。詳細はお問い合わせください。

  1. 教室メンバーをクチコミ紹介

紹介された方は入会金半額、紹介した方には3,000円のキャッシュバック!

  1. スマホをスタジオじんき窓口で乗り換える

月間60GB 税込5,346円でドコモ回線の格安SIM

  1. スタジオのシェア利用者または共同オーナーになる

→詳細はお問合せください